こういうことがプロって言うんだ

セミナーを開きました。

 

1時間前に会場到着。

 

さあ

まずはパソコンと

プロジェクターの相性を確かめなくちゃ

 

HDMI端子対応ケーブルで

プロジェクターとパソコンを接続

 

まさかの映らない????

 

 

D−sub端子対応ケーブルで接続

 

映らない?????

 

まさかまさか????

 

 

どの端子でも対応できるよう

接続機器を持っているので

大丈夫。

 

たかをくくって

前日までに確かめることをしていなかった。

 

 

しかもそこの施設は

貸し会議室専門につくられていて

設備が充実していると聞いている

 

係の方も

あれこれ

ケーブルを持ってきてくれたが

どれもだめ

 

ところが

別の人が来て

 

「パソコンの

システム環境設定を開けてくれますか」

と言った。

 

そして

「そのミラーリングのところ

チェック入れてもらいますか」

と言った。

 

 

「おおおおお!!!!

映った!!!!」

 

 

 

 

映像無しで

セミナーをすることはムリ!

どうしよう

かなり焦った。

 

 

 

いつもなら

想定して

事前のチェックを入れるが

そこは大丈夫だろう

と思い込んでしまった。

 

 

結果オーライだが・・・

 

やはり

事前下調べは大事!!!!

しかも自分で。

 

 

 

これはきっと

私にとっては

新たな段階へと

ステップアップする

ための出来事

 

 

カイゼン活動を紹介するのに

ビフォー&アフターの映像は必須

これを言葉だけで

どう表現するのか

 

早急に考えよう。

 

 

 

映像ありきのセミナー

ではなく

映像がなくても

できるセミナーにしておこう

 

 

それにしても

いとも簡単に

問題を解決してくれた方に

「こういうことができるのがプロなんだな」

と感心感謝でした。

 

でも

これって

もしかして

私が知らなかった

だけ?( (。>﹏<。) )

 

 

 

 

Page Top