優しい気持になれる本です

優しい気持になれる本です

 

 

 

 

 

 

「家族だから愛したんじゃなくて、

愛したのが家族だった」

娘に「これ、読んで」

と渡されて読んだ本です。

 

著者:岸田奈美(1991年生まれ)

イラスト:岸田奈美

 

本文抜粋・・・・・・・・・・・・・・・

「わたしが高校生だったころ。

学校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。

なんだ、なんだ。一体どうした。

『良太が万引したかも』

良太とは、わたしの4歳下の弟だ。

生まれつきダウン症という染色体の異常で、

知的障害がある。

人間の21番目の染色体が、

正常では2本のところ、

3本存在するとダウン症になるらしい。

1本得してるはずなのに、

人体とはまっこと不思議である。

 

 

『良太が万引?あるわけないやろ』

ヒヤリ・ハットを、

そういう帽子だと思っていた母のことなので。

ニコラスケイジを、

そういう刑事だと思っていた母のことなので。

 

 

岸田家におけるこの手の大騒ぎは、

本気にしていななかった。

どうせ勘違いだろう。・・」

 

とにかく

おもしろ・おかしく・泣ける本です。

そして

元気になれる本です。

 

 

ちょっと

落ち込んでた私は

本をすすめてくれた娘に感謝しました。

 

 

 

Page Top