お醤油がメインになるんだ!?

奈良県最古の醤油醸造蔵元

マルト醤油へ行ってきました。

1689年創業です。

なんと5代将軍徳川綱吉時代の創業です。

 

 

食事ができるレストランと

宿泊ができる醤油蔵宿として

2020年、リノベーションして70年ぶりに復活したところです。

 

前情報は一切なく、

インターネット検索で「醤油蔵のリノベーション宿」

「おもしろそう!」というだけで予約して家族で行きました。

 

18代目の木村さんが語る

70年ぶりの復活ストーリーは

壮大なスケール感と温かな人間愛に溢れていました。

 

神々への畏敬の念

自然への感謝

地域の人々と一緒になって町興しをしていく話は

経営者としてかなり刺激的でした

 

 

しぼりたての生のお醤油を

焼いたもちにつけて食べさせていただいたんですが

 

こんなにおいしいお醤油ははじめてでした。

 

夕食では、肉や魚や野菜は素材で

メインはお醤油でした。

 

「マルト醤油がもっともこだわるのは、地元産の原材料。

大和川周辺で育てられた大豆や小麦、
この地に流れる水、この地を吹く風があって、
はじめてマルト醤油ならではの納得できる醤油が生まれます。

昔と変わらず今も、
豊かな農作物が育まれる田原本の原材料で仕込み、
丹精こめて醸される醤油の風味は、まさに風土の味わいです。」

と木村さん。

 

 

 

 

 

 

 

Page Top